所要時間90分!スタンダードチャータード銀行の口座開設を体験してみました【体験レポート】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sc

※ この記事の最後から、HSBC香港をはじめとする、いま最注目の7大“海外口座”のレポートをご自由にダウンロードできます ※

みなさん、こんにちは!UBコンシェルジュです!

さて、今回のテーマは「スタンダードチャータード銀行の口座開設」です。スタンダードチャータード銀行の口座をまだ持っていなかったので、先日、お客様と一緒に弊社の口座開設サポートを体験してきました。

そこで今回は、当日の待ち合わせから口座開設までの一連の流れをお客様目線でレポートしたいと思います。当日は通訳同行スタッフのサポートもあり、所要時間90分弱でスムーズに口座を開設することができました。

スタンダードチャータード銀行とは

本題に入る前に、スタンダードチャータード銀行について簡単にご紹介します。

スタンダードチャータード銀行は、ロンドンに本拠を置き、世界70ヵ国に事業ネットワークを展開する世界的な銀行金融グループである。香港ドル発券銀行の一つ。

CEO: ピーター・サンズ
本社所在地: イギリス
設立: 1852年, イギリス ロンドン

ウィキペディア

主な特徴

  • 11種類の通貨で管理できるマルチカレンシー口座を持てる
  • 最先端のインターネットバンキングシステムを使える
  • 世界中のATMから現地通貨を引き出せるATMカード(UnionPay、中国銀聯)を持てる
Standard Chartered Bank Hong Kong Limited

出典 https://www.sc.com/hk/

当日のスケジュール

それでは、当日のスケジュールを振り返ってみましょう。今回は、私を含め参加者は8名でした。

10:00 AM
オフィスで待ち合わせ
10:05 AM
必要書類の確認
10:10 AM
銀行に移動
10:15 AM
口座開設、入金、ATMカードおよびインターネットバンキングのアクティベーション
〜11:45 PM
口座開設完了、精算
自由行動
飲茶ランチ!観光!香港を満喫!

オフィスで待ち合わせ

当日の集合場所は弊社のオフィスです。地下鉄(MTR)で移動する場合は、尖沙咀(Tsim Sha Tsui、チムサーチョイ)の駅で降ります。駅からオフィスまでの移動時間は徒歩5分弱でした。

Map

①「B2」出口を出て、彌敦道(Nathan Road、ネイザンロード)沿いを右手に進みます。
②そのまま1ブロック進み、加連威老道(Granville Road、グランビルロード)を右折します。
③20mほど進むと、右手にスターバックスが入っている「ALBION PLAZA」というビルがあります。
④そのビルの中へ入り、エレベーターで9階へ。905号室がオフィスです。

道に迷ったり、地下鉄(MTR)の出口を探したり、キャッチ(呼び込み)に捕まったり(笑)、旅先では何が起こるかわかりません。香港に土地勘のない方は、時間に余裕を持って行動されることをおすすめします。

IMG_8820

尖沙咀の駅「B2」出口

IMG_8812

交通量の多い彌敦道

IMG_8824

人々が行き交う加連威老道

IMG_8830

「ALBION PLAZA」の入り口(ATMが目印)

IMG_8768

弊社オフィス

必要書類を確認して、銀行へ移動

オフィスに到着後、会議室に案内され、口座開設に必要な書類の最終確認を行いました。

必要書類

  • パスポート(原本)
  • 国際運転免許証(3ヶ月以内に発行されたもの、住所は番地まで記載されたものが必要)

必要書類に不備がないよう、香港に渡航する前に、パスポートと国際運転免許証のスキャンデータを送り、必ず確認してもらうことをおすすめします。

IMG_8771

会議室

書類の確認後、スタンダードチャータード銀行に移動しました。今回は、日本に留学経験があり、とても流暢な日本語を話せる香港人スタッフに同行してもらいました。明るい笑顔で、丁寧な接客が印象的でした。

今回、私たちが案内された支店は、尖沙咀(Tsim Sha Tsui、チムサーチョイ)にある支店でした。当日、銀行の混み具合などを考慮して、待ち時間の短い支店を案内してもらえます。

IMG_8785

観光客で賑わう彌敦道

IMG_8797

口座を開設した支店

いざ口座開設!

①書類に署名

shutterstock_126278489

銀行に到着後、専門デスクに案内され、口座開設手続きに関する書類の内容を確認して、必要箇所に署名(サイン)します。今回開設したのは「Easy Banking」という最も手頃な口座です。

②入金

shutterstock_252812953

書類を提出後、窓口で最低預金額10,000HKD(およそ160,000円)を自分の口座に入金します。「Easy Banking」口座は、最低預金額を下回ると、3ヶ月ごとに60HKD(およそ960円)の口座維持手数料がかかります。

③アクティベーション

IMG_8833

入金を済ませると、ATMカードが発行されます。支店のATMを使って、発行されたばかりのATMカードをアクティベート(有効化)します。その後、一旦オフィスに戻り、インターネットバンキングを登録して、アクティベート(有効化)します。

④精算

shutterstock_208745854

インターネットバンキングをアクティベートできたら、口座の設定はすべて完了です。今回のサポート料金を支払い、領収証を受け取って一通り完了です。

まとめ

Easy Banking

Easy Banking

今回は、通訳同行スタッフによる口座開設サポートを利用して、スタンダードチャータード銀行の「Easy Banking」口座を開設しました。待ち合わせから口座開設、精算までの所要時間は90分弱でした。

良かった点

  • 事前に必要書類を確認してもらっていたので、当日の手続きはスムーズだった
  • 空いている支店に案内されたので、待ち時間なく口座を開設できた
  • 通訳が同行したので、日本語で事足りた
  • ATMカード、インターネットバンキングを代わりにアクティベートしてもらえた

悪かった点

  • 当日にどの支店に行くか案内された
  • サポート料金の精算は現金のみだった
    → クレジットカードでも支払えるようになりました(2015年8月時点)

スタンダードチャータード銀行の魅力は、11種類の通貨で管理できるマルチカレンシー口座を持て、24時間アクセスできる最先端のインターネットバンキングシステムが使え、世界中のATMから現地通貨を引き出せるATMカードが持てる、ことです。しかし、英語や広東語が話せないと、自分で口座開設するのは少し難しいので、通訳同行サポートを利用することをおすすめします。

日本から香港までお手頃なLCCが飛んでいるので、安い時期を狙えば、渡航費や滞在費を抑えて、とてもリーズナブルな旅行も可能です。使い勝手が良い海外口座を持ってみたい、と検討されている方は、週末を利用して、香港旅行も兼ねて、スタンダードチャータード銀行の口座を開設してみてはどうでしょうか?本場の飲茶や足つぼ、ショッピングなど、ぜひ香港を満喫してみてください!体験レポートをお読みいただきありがとうございました!

【香港で開設できるおすすめの銀行】
※ 資産管理のマストアイテム!人気No.1のHSBC香港上海銀行
資産管理のマストアイテム!人気急上昇のスタンダードチャータード銀行

【体験レポートシリーズ】
所要時間120分!カンボジアでアクレダ銀行の口座開設を体験してみました【体験レポート第2弾】

今すぐ無料ダウンロード!HSBC香港をはじめとする、いま最注目の7大“海外口座”を徹底比較

比較表

HSBC香港をはじめとする、いま最注目の7大“海外口座”の情報を、全12ページに余すことなく詰め込みました。ご興味がある方は、ぜひご自由にダウンロードしてご覧ください。あなたに合った海外口座がきっと見つかります。
今すぐダウンロード

メルマガ「UBブログでは伝えきれない話」

shutterstock_136375394

登録無料!香港からメールマガジンをお届けします!

海外口座を中心に、すぐに役立つノウハウや最新ニュース、ブログでは伝えきれない話などをメルマガで配信しています。いつでも配信停止の手続きができますので、まずはお気軽にご登録くださいませ。

Register

コメントを残す

*